認定海洋散骨アドバイザー検定試験

認定海洋散骨アドバイザーカリキュラム

散骨概論 散骨の歴史、意義、海洋散骨協会の成り立ちや散骨の実態など
供養 散骨の宗教的立場や散骨とグリーフ、手元供養の総論と現状
法律 海洋散骨が違法ではないことを前提に、散骨と現行法との関係を解説
マナー・環境 海を生業とする方々との協力や、自然環境・一般市民への配慮など
海洋散骨体験談 実際に海洋散骨を経験した遺族をゲストに体験談を語っていただきます

テキスト監修

海洋散骨概論
村田 ますみ(一般社団法人日本海洋散骨協会顧問)

散骨と法律
武内 優宏(弁護士、一般社団法人日本海洋散骨協会法律顧問)

宗教面からみた散骨
太田 宏人(葬送ライター、 曹洞宗僧侶)

海事法規
高松 大(海事代理士、行政書士)

散骨のマナー
西 大悟(一般社団法人日本海洋散骨協会代表理事)

手元供養
柳田 剛(一般社団法人日本海洋散骨協会理事)

船と海の知識
天井 十秋(JEIS近畿(一般財団法人日本船舶職員養成協会近畿)教員)

認定海洋散骨アドバイザー検定試験 募集要項

応募資格 どなたでも受検できます。
出題レベル 認定海洋散骨アドバイザー講座の内容を理解し人に正しく伝える事が出来る。
受講料 10,000円(税込)
試験方式 選択式50問(試験時間20分)
合格ライン 75点以上
ライセンス更新 不要

試験の流れ

ガイダンス13:10~13:20
第一講座 海洋散骨概論・供養13:20~14:20
第二講座 海洋散骨と法律14:30~15:30
第三講座 海洋散骨のマナーと環境15:40~16:05
海洋散骨体験談16:05~16:25
試験 16:40~17:00
結果発表 後日郵送にて通知

日程・会場

第12回検定 3月3日(日)東京(大田区産業プラザPiO) 定員80名

※テキストは検定日1ヵ月前までに発送します。

当協会のホームページ掲載のプライバシーポリシーをご確認いただき、同意された方は、申し込みフォームより送信頂くか、申し込み用紙(PDF)をダウンロードして事務局までFAXしてください。

海洋散骨アドバイザー専用ページ

海洋散骨ルールブック

散骨のルールとマナーをひとりでも多くの方に知っていただくために、小冊子『海洋散骨ルールブック』をつくりました。上画像をクリックすると内容をご覧いただけます。

印刷された『海洋散骨ルールブック』をご希望の方は、一般社団法人日本海洋散骨協会の加盟事業者に個別にご依頼ください。